Python入門講座

【Python入門】 インストールとPATH設定から起動まで

なぜ、Pythonを学習するのか?

自己紹介

はじめまして、ノンストップ飯田と申します。
私は2018年7月からプログラミング学習を始めました。

文系出身の、金融関連の企業で企画業務をしているサラリーマンで、システムは使う専門でした。
ただ、プログラミング教育の必要性が重要視され始めていることや、ブロックチェーンやAI等を駆使した、
フィンテック関連企業が活躍していることから、プログラミングを独学で学習し始めました。

まだ、初級者に毛が生えたレベルですが、お経のようにしか見えなかったコードも見慣れ、
自分でも多少ならオブジェクトを作成することができるようになってきました。

今は中級者になるべく、flaskというPythonのWEBフレームワークを学びながら、
簡単なWEBアプリケーションを作成しようとしています。

Pythonを学習するメリット

Pythonは他言語と比較して、シンプルにコードが書けます。
また、書いたコードを即座に実行することが可能であるため、初心者にも大分とっつきやすいです。

Pythonをインストールしてみよう!

それでは、さっそくPythonをダウンロードしていきましょう。
ちなみに所要時間は5分です。(笑)

まずは以下のPythonの公式サイトにアクセスしてみましょう。

https://www.python.org/

すると、このページにたどり着くと思います。

python HP

次にDownloadsを選択して、自分のOSを選択します。(飯田はWindowsなので、そちらで説明します。)

すると、こんな画面が展開します。

飯田の美文字で指し示された対象をダウンロードしてください。

そして、”Install Now”を選択(ここで“ADD Python3.7 to PATH”にチェックを入れることで、環境PATHをあらかじめ設定することが可能です。(お忘れなきように))

ダウンロードが始まります。

ダウンロードが終わると、この画面が表示されます。

これでインストールは完了です。

Pythonを起動してみよう

それでは、Pythonを早速起動してみましょう。

Windowsのメニューバーに、コマンドプロンプトと入力して、コマンドプロンプトを起動してください。

起動すると、こんな画面になると思います。

では、pythonと入力してみましょう。(半角英数字で入力です。)

pythonが起動します。
では、1+1と入力してみてください。
結果が出力されましたね。

次へ(Pythonの起動方法、整数型・文字型について)

・・・もう一つ、PATHの設定が漏れた方のために、今日は環境PATHを自分で設定するやり方を説明します。

環境PATHを何故設定する必要があるのか

なぜ環境PATHの設定が必要なのでしょうか。

実は、Pythonには様々な拡張ライブラリ(※)というものが用意されています。

※用途に合わせ、あらかじめ様々な関数等が組み込まれた便利なツールボックスのようなものです。

例えば数値計算をするためのnumpyや、ゲームを作成するためのpygame等も拡張ライブラリです。

これらの拡張ライブラリは、Pythonを起動し、pipコマンドというコードを入力することで、いとも簡単に追加が可能です。

素人飯田は、インストール時に環境PATH設定のチェックボックスを入れ忘れました

そして、設定方法を求め彷徨いかなり時間をとられました

同じ悲劇を繰り返さないため、環境PATHの設定方法を記載したいと思います。

環境PATHを設定してみよう

では、PATH設定を行います。以下の手順で実施してください。

自分のPC内のどこにPythonが格納されているかを確認する

まずは、Pythonが格納されている場所を確認します。

ちなみに、PC内でファイルがどこに格納されている場所のことをディレクトリといいます
(フォルダとどう違うの?と思われると思いますが、フォルダはそのファイルを格納するための箱のようなものです)

pyまでいれれば、ダウンロードしたPythonの何かしらファイルが出てきますので、右クリックで「ファイルの場所を開く」にしてください。

環境PATHの設定をしよう

Pythonファイルが格納されているディレクトリを確認したら、次に、環境PATHの設定を行います。

まずは、スタートメニュー ⇒ システム・セキュリティ ⇒ システム の順に展開をします。


次に、システムの詳細設定を開きます。

システムのプロパティ画面が表示されましたら、“環境変数”を開いてください。

上部分の”path”を選択し、“編集”を選択します。

“新規”を選択し、先ほど調べたPythonのディレクトリ(格納場所)を入力します。

また、pythonの入力場所 + ¥Script¥ というpathをもう一つ追加します。

pathの設定を確認する場合は、コマンドプロンプトにて、Pythonと入力します。正しければ、以下のような表示となります。

プログラムでコマンドプロンプトを検索し、実行。


コマンドプロンプトにPythonと入力し、Enterを押す。

以下のメッセージが表示されれば、きちんとpathが設定できています

これであなたもプログラマーへの一歩目を踏み出しました!お疲れさまでした!!

次へ(Pythonの起動方法、整数型・文字型について)

↓スクールで丁寧に勉強したい方はこちら(オンライン学習も可能)
TECH::CAMP(エンジニアスクール)